水道直結型の水素水サーバーのメリットとデメリット

水道直結型の水素水サーバーのメリットとデメリット

水道直結型の水素水サーバーのメリットとデメリットをまとめました。是非参考にして下さい。

 

水道水直結型水素水サーバーとは?

 

水素水サーバーには3つのタイプがあります。

 

  • 水道直結型
  • 給水タイプ
  • 携帯型

 

水道水直結型の水素水サーバーとは「水道から水を直接給水する水素水サーバー」のことです。

 

メリット

 

メリットは3つあります。

 

  • 冷水・温水が飲める
  • 給水やボトル交換がない
  • ランニングコストが安い

 

冷水・温水が作れる

 

冷水・温水を作ることができます。赤ちゃんがいる家庭や、コーヒーやお茶に水素水を使いたい人にはオススメです。

 

給水やボトル交換の手間がない

 

水道に直結しているので、面倒なウォーターボトル交換や、給水の手間がありません。特にボトル交換は容量が12Lタイプのものだと、女性が交換すると大変ですよね。

 

ランニングコストが安くなる

 

水道水を使用しているので、ランニングコストは水道代と電気代だけです。

 

デメリット

 

高性能で、コスパがいい水道直結型にもデメリットが3つあります。

 

  • 工事が必要
  • カートリッジの交換が必要
  • 設置スペースが必要

 

工事が必要

 

水道直結型の一番のデメリットは、工事が必要な場合があることでしょう。水道との接続方法には

 

  • 既存の蛇口にアタッチメントで接続する方法
  • 給水配管に分岐金具を取り付ける方法

 

この2種類があります。

 

蛇口にアタッチメントで接続する場合は、工事は必要ありません。費用は14,000円程度かかります。

 

給水配管に分岐金具を取り付ける方法は工事が必要です。工事自体は簡単なものなので、1時間程度で終了します。こちらも費用は15,000円程度かかります。

 

カートリッジの交換が必要

 

水道直結型サーバーには水道水の塩素を取り除く浄水機能を持ったカートリッジがついています。塩素が含まれていると水素水がうまく作られない場合がありますからね。

 

水素水サーバーをレンタルしているなら、無料で交換してくれます。本体を購入しているなら別途費用が必要になります。(サーバーによりますが、5000〜6000円程度)

 

設置スペースが必要

 

既にウォーターサーバーを設置している、お宅なら心配ないでしょうが設置スペースが確保できることを確認しておきましょう。実際に設置してみると、高さがあるせいか、圧迫感が結構あります。

 

水道から50mくらい離れていても、配管を引き延ばすことは可能ですが、見た目が良くないので、設置場所は水道の近くで検討した方がいいでしょう。

 

まとめ

 

水道直結型のメリットとデメリットをもう一度確認します。

 

メリット

 

  • 冷水・温水が飲める
  • 給水やボトル交換がない
  • ランニングコストが安い

 

デメリット

 

  • 工事が必要
  • カートリッジの交換が必要
  • 設置スペースが必要

 

工事費用が1万円以上必要なので、初期費用をかけたくない人は「卓上タイプ」「ウォーターボトルタイプ」を選ぶといいでしょう。

 

ただ、工事費用さえ払ってしまえばランニングコストをかけることなく、高性能水素水サーバーが使えます。

 

長期で使用するつもりがあるなら、水道直結型がオススメです。

関連ページ

水素水サーバーを取り付けるために必要な工事費用や条件とは?
水道直結水素水サーバーを設置する際には、工事が必要になります。ここでは、取付時に必要な工事費用や工事時間などを紹介しています。
水素水サーバーを取り付けるのに必要な設置スペースはどのくらい?
水素水サーバーの取付に必要なスペースはどのくらいなのでしょうか?また、設置できない条件はどのようなものがあるのか紹介しています。
水素水サーバーのランニングコストは種類によって違う
水素水サーバーには、「据置型」「携帯型」「卓上型」の三種類があります。商品ごとに細かい違いはありますが、それぞれにかかるランニングコストやメンテナンス方法について解説していきます。
水素水サーバーの寿命は法定耐久年数でチェック!
せっかく高額な水素水サーバーを買ってもすぐに壊れてしまうのでは?と心配になる方もいるでしょう。ここでは、法定耐久年数から商品の寿命について解説しています。
水素水の生成方法が違うことで何が違うのか?
水素水の生成方法には、電気分解式や気体飽和式、マグネシウムを化学反応させて水素水を作る方法などがあります。それぞれの生成方法の違うことで何が違うのかについて解説していきます。
水素水サーバーの種類はこんなにある!メリットとデメリットを徹底比較
一般的に水素水サーバーと呼ばれるものには、たくさんの種類があります。ここでは、水素水サーバーに種類とそれぞれのメリットとデメリットについて紹介していきます。
卓上水素水サーバーのメリットとデメリット
キッチンやダイニングテーブルにも置くことができる「卓上水素水サーバー」のメリットとデメリットについてまとめています。
携帯できる家庭用水素水サーバー(生成器)のメリットとデメリット
外出時に持ち運べる家庭用水素水サーバー(生成器)のメリットとデメリットについてまとめました。
水素水サーバーで作る水素水は効果なし?本物を選ぶ基準は2つ
自宅で水素水を作れる機械で「本当に水素水が作れているの?」と疑問に感じている方が多いようです。ここでは、家庭で作る水素水サーバーでも効果があるのかについて紹介しています。