水素水の生成方法が違うことで何が違うのか?

水素水の生成方法が違うことで何が違うのか?

水素水が作れるサーバーを探しているけど、生成方法がそれぞれ違う!一体どれが一番いいの?

 

水素水サーバーを購入しようとしている人が必ずといってもいいほど、迷ってしまうのが「水素水サーバーの種類によって、水素生成方法が違うからです」

 

生成方法は大きく分けて

 

  • 電気分解式
  • 気体飽和式
  • マグネシウム発生式

 

これらの3種類あります。

 

ここでは、それぞれの生成方法の違いとメリット・デメリットを紹介していきます。

 

電気分解式は最もポピュラーな水素生成方法

 

現在主流の水素水サーバーは電気分解式で作られています。電気分解式はサーバー本体のタンクに電極を設置することによって、電気の力で水素を発生させる方法です。

 

電気分解式の仕組みはシンプルなので、作りやすく、安値で購入することができます。また、胃腸の健康を整える効果があるアルカリイオン水も電気分解式によって作られています。アルカリイオン水と水素水の違いについては、こちらを参照下さい。

 

高濃度水素水が作れる気体飽和式

 

水素を発生させるタンクと飲み水が入っているタンクが分かれているため、電気分解式のように水質がアルカリ性に傾くことはありません。

 

アルカリ性の水は、胃腸機能が発達していないペットや赤ちゃんには不向きなので、水素水サーバーを選ぶときは気体飽和式を採用している水素水サーバーを選ぶのがいいでしょう。

 

気体飽和式は電気分解式と比べて水素生成方法が複雑です。そのため、本体価格が高くなっています。

 

水素水の生成に時間がかかるマグネシウム発生式

 

水の中にマグネシウムを入れ化学反応によって水素を生成する方法です。水素スティックタイプの多くがマグネシウム発生式で作られています。水素水サーバーでは「アクアクララ」がマグネシウム発生式を採用しています。

 

マグネシウム発生式は水素が発生するまでに時間がかかるので、水素水を連続で飲む場合は水素濃度が少なくなる可能性があります。

 

生成方法別のメリット・デメリット

 

それでは、水素水生成方法別のメリットとデメリットを比較してみましょう。

 

水素生成方法 メリット デメリット
電気分解式

本体価格が安い
メンテナンスが簡単

ペットや赤ちゃんには不向き
気体飽和式 水素濃度が高い

本体価格が高い商品が多い
メンテナンスが大変

マグネシウム発生式 本体価格が安い

水素ができ上がるまでに時間がかかる
水素濃度が低い

 

ペットや赤ちゃんがいない家庭では電気分解式の水素水サーバーがコスパがいいですよ。

関連ページ

水道直結型の水素水サーバーのメリットとデメリット
水道から直接水を引き込む「水道直結型」の水素水サーバーのメリットとデメリットについて紹介してます。
水素水サーバーを取り付けるために必要な工事費用や条件とは?
水道直結水素水サーバーを設置する際には、工事が必要になります。ここでは、取付時に必要な工事費用や工事時間などを紹介しています。
水素水サーバーを取り付けるのに必要な設置スペースはどのくらい?
水素水サーバーの取付に必要なスペースはどのくらいなのでしょうか?また、設置できない条件はどのようなものがあるのか紹介しています。
水素水サーバーのランニングコストは種類によって違う
水素水サーバーには、「据置型」「携帯型」「卓上型」の三種類があります。商品ごとに細かい違いはありますが、それぞれにかかるランニングコストやメンテナンス方法について解説していきます。
水素水サーバーの寿命は法定耐久年数でチェック!
せっかく高額な水素水サーバーを買ってもすぐに壊れてしまうのでは?と心配になる方もいるでしょう。ここでは、法定耐久年数から商品の寿命について解説しています。
水素水サーバーの種類はこんなにある!メリットとデメリットを徹底比較
一般的に水素水サーバーと呼ばれるものには、たくさんの種類があります。ここでは、水素水サーバーに種類とそれぞれのメリットとデメリットについて紹介していきます。
卓上水素水サーバーのメリットとデメリット
キッチンやダイニングテーブルにも置くことができる「卓上水素水サーバー」のメリットとデメリットについてまとめています。
携帯できる家庭用水素水サーバー(生成器)のメリットとデメリット
外出時に持ち運べる家庭用水素水サーバー(生成器)のメリットとデメリットについてまとめました。
水素水サーバーで作る水素水は効果なし?本物を選ぶ基準は2つ
自宅で水素水を作れる機械で「本当に水素水が作れているの?」と疑問に感じている方が多いようです。ここでは、家庭で作る水素水サーバーでも効果があるのかについて紹介しています。