卓上水素水サーバーのメリットとデメリット

卓上水素水サーバーのメリットとデメリット

卓上水素水サーバーとは、工事を行う必要がなく、コンセントに電源をつなくだけで使用できます。

 

小型でキッチンやダイニングテーブルの上に置くことができて手軽に始められる水素水サーバーです。

 

コンパクトなのに高濃度の水素水を生成することが可能で、ウォーターサーバーを設置したことがないサーバー初心者に人気があります。

 

使用できる水の種類はサーバーによって異なり、3パターンあります。

 

  • 水道水
  • 浄水
  • ミネラルウォーター

 

水道水には塩素が含まれているため、塩素を取り除き、浄水にするためのカートリッジが内蔵されています。カートリッジは年1回交換が必要になります。

 

デメリット

 

手軽に始められる卓上タイプですが、デメリットがあります。

 

  • 冷水・温水がでない
  • こまめに給水する必要がある

 

冷水・温水がでない

 

卓上タイプの一番のデメリットがこれです。常温しかでないため、水道直結型やボトルウォータータイプの代わりにはなりません。

 

冷水・温水がでる便利さを知っている人は、卓上タイプでは物足りないかもしれません。

 

こまめに給水する必要がある

 

卓上タイプは付属のタンクに水を入れて使用する構造なので、なくなったらこまめに給水する必要があります。ただ、最近では、4リットル以上給水できるものがあります。

 

家族4人で飲んだとしても1日1回給水すれば、十分に足りる量です。

 

メリット

 

卓上タイプは、ウォーターサーバーを設置したことがない人や、手軽に高濃度水素水を飲みたい人にオススメなメリットが4つあります。

 

  • 設置場所を選ばない
  • 面倒なボトル交換がない
  • 工事が必要ない

 

設置場所を選ばない

 

卓上タイプの最大のメリットはコンパクトなサイズなので、設置場所を選ばないことです。床置き型の水素水サーバーは一軒家など、大きな間取りの家庭なら配置場所に困らないでしょうが、一般の家庭はそうではありません。

 

家が狭くて水素水サーバーを諦めていた人でも使える水素水サーバーです。

 

面倒なボトル交換がない

 

ウォーターボトルタイプのサーバーはボトル交換が非常に面倒です。毎回無くなるときに注文するのも面倒ですし、かといって溜め置きするほどのスペースに余裕がない。

 

また、タンクの設置場所がサーバー上部だと、自分で設置するのは結構辛いものです。

 

卓上タイプは毎回給水する必要はありますが、ウォーターボトルタイプに比べると手軽に使うことができます。

 

工事が必要ない

 

水道直結型水素水サーバーと違い、卓上タイプは工事の必要がありません。水を入れて電源を入れればすぐにできます。引っ越し先でも簡単に持っていけるところが嬉しいですね。

 

賃貸の人でも安心して使うことができますよ。

 

使用できる水の種類

 

サーバーの種類によって使用できる水の種類が異なります。使用できるのは、この3種類。

 

  • 水道水
  • 浄水
  • ミネラルウォーター

 

卓上タイプで選ぶべきなのは水道水タイプです。浄水とミネラルウォーターを使用するタイプはランニングコストが結構かかります。2リットル100円のミネラルウォーターを4人家族で1日1リットル飲んだとしたら、月6,000円必要になります。

 

水道水を使用した場合でも、水素濃度に変わりはないので、水道水が使用できるものを選んだほうがいいでしょう。

 

まとめ

 

卓上タイプの水素水サーバーのメリットとデメリットをもう一度まとめます。

 

デメリット

 

  • 冷水・温水がでない
  • こまめに給水する必要がある

 

メリット

 

  • 設置場所を選ばない
  • 面倒なボトル交換がない
  • 工事が必要ない

 

卓上タイプの水素水サーバーは、設置が簡単でランニングコストもかからないので、サーバー初心者にオススメです。

 

レンタルできる卓上水素水サーバーの種類も続々増えてきているので、サーバーの扱いに慣れてない方はレンタルから始めてもいいでしょう。

関連ページ

水道直結型の水素水サーバーのメリットとデメリット
水道から直接水を引き込む「水道直結型」の水素水サーバーのメリットとデメリットについて紹介してます。
水素水サーバーを取り付けるために必要な工事費用や条件とは?
水道直結水素水サーバーを設置する際には、工事が必要になります。ここでは、取付時に必要な工事費用や工事時間などを紹介しています。
水素水サーバーを取り付けるのに必要な設置スペースはどのくらい?
水素水サーバーの取付に必要なスペースはどのくらいなのでしょうか?また、設置できない条件はどのようなものがあるのか紹介しています。
水素水サーバーのランニングコストは種類によって違う
水素水サーバーには、「据置型」「携帯型」「卓上型」の三種類があります。商品ごとに細かい違いはありますが、それぞれにかかるランニングコストやメンテナンス方法について解説していきます。
水素水サーバーの寿命は法定耐久年数でチェック!
せっかく高額な水素水サーバーを買ってもすぐに壊れてしまうのでは?と心配になる方もいるでしょう。ここでは、法定耐久年数から商品の寿命について解説しています。
水素水の生成方法が違うことで何が違うのか?
水素水の生成方法には、電気分解式や気体飽和式、マグネシウムを化学反応させて水素水を作る方法などがあります。それぞれの生成方法の違うことで何が違うのかについて解説していきます。
水素水サーバーの種類はこんなにある!メリットとデメリットを徹底比較
一般的に水素水サーバーと呼ばれるものには、たくさんの種類があります。ここでは、水素水サーバーに種類とそれぞれのメリットとデメリットについて紹介していきます。
携帯できる家庭用水素水サーバー(生成器)のメリットとデメリット
外出時に持ち運べる家庭用水素水サーバー(生成器)のメリットとデメリットについてまとめました。
水素水サーバーで作る水素水は効果なし?本物を選ぶ基準は2つ
自宅で水素水を作れる機械で「本当に水素水が作れているの?」と疑問に感じている方が多いようです。ここでは、家庭で作る水素水サーバーでも効果があるのかについて紹介しています。