水素水サーバーの寿命は法定耐久年数でチェック!

水素水サーバーの寿命は法定耐用年数でチェック!

せっかく高額な水素水サーバーを設置しても、すぐに壊れちゃうんじゃないか?

 

水素水サーバーの値段はピンキリで、安いものでも15万円。高いものだと30万円以上するものがあります。これだけの高額な買い物をするのですから、「何年くらい壊れずに使用できるのか?」という点は、事前に知っておきたいですよね。

 

 

じつは、水素水サーバーには法定耐用年数が定められていて、そこから水素水サーバーのおよその寿命年数を割り出すことができます。

 

 

法廷耐用年数とは?

 

そもそも耐用年数とは、「使用可能期間」を簡単に定めたものです。主に企業が納税額を決定するために必要になるもので、個人で水素水サーバーを購入する場合、気にしてない方がほとんどではないでしょうか。

 

水素水サーバーは商品ごとに法廷耐用年数が決められている

 

水素水サーバーは病院や会社、エステや接骨院でも設置している店舗が増えてきているため、法定耐用年数が記載されているところがあります。

 

例えば、

 

  • AREGA ・・・・5年
  • 水素ごっくっく・・5年
  • ガウラミニ・・・・・5年

 

この3つの水素水サーバーの法定耐用年数は共に5年となっています。つまり、商品を購入してから最低5年はちゃんと動作してくれる設計になっているのですね。

 

ただし、メンテナンスを怠ったり取扱説明書に記載されてない使用方法をした場合は、5年とは限りません。正しい使用方法をするようにだけ心掛けましょう。

 

 

他の水素水サーバーの導入を検討している方は、公式サイトのお問合せページか、電話で直接聞いてくださいね。

 

まとめ

 

水素水サーバーの寿命を法定耐用年数から割り出すと、最低5年は使用できるようになっています。ただ、耐用年数と保証期間は別物です。

 

購入前に保証期間を確認しておきましょう。

 

関連ページ

水道直結型の水素水サーバーのメリットとデメリット
水道から直接水を引き込む「水道直結型」の水素水サーバーのメリットとデメリットについて紹介してます。
水素水サーバーを取り付けるために必要な工事費用や条件とは?
水道直結水素水サーバーを設置する際には、工事が必要になります。ここでは、取付時に必要な工事費用や工事時間などを紹介しています。
水素水サーバーを取り付けるのに必要な設置スペースはどのくらい?
水素水サーバーの取付に必要なスペースはどのくらいなのでしょうか?また、設置できない条件はどのようなものがあるのか紹介しています。
水素水サーバーのランニングコストは種類によって違う
水素水サーバーには、「据置型」「携帯型」「卓上型」の三種類があります。商品ごとに細かい違いはありますが、それぞれにかかるランニングコストやメンテナンス方法について解説していきます。
水素水の生成方法が違うことで何が違うのか?
水素水の生成方法には、電気分解式や気体飽和式、マグネシウムを化学反応させて水素水を作る方法などがあります。それぞれの生成方法の違うことで何が違うのかについて解説していきます。
水素水サーバーの種類はこんなにある!メリットとデメリットを徹底比較
一般的に水素水サーバーと呼ばれるものには、たくさんの種類があります。ここでは、水素水サーバーに種類とそれぞれのメリットとデメリットについて紹介していきます。
卓上水素水サーバーのメリットとデメリット
キッチンやダイニングテーブルにも置くことができる「卓上水素水サーバー」のメリットとデメリットについてまとめています。
携帯できる家庭用水素水サーバー(生成器)のメリットとデメリット
外出時に持ち運べる家庭用水素水サーバー(生成器)のメリットとデメリットについてまとめました。
水素水サーバーで作る水素水は効果なし?本物を選ぶ基準は2つ
自宅で水素水を作れる機械で「本当に水素水が作れているの?」と疑問に感じている方が多いようです。ここでは、家庭で作る水素水サーバーでも効果があるのかについて紹介しています。