水の温度と水素濃度の関係を解説

水の温度と水素濃度の関係を解説

水素水は水の温度が高くなると水素濃度が低くなるって知ってました?

 

せっかく高濃度水素水を飲んでいると思っていても、間違った水素水の飲み方をしていると、水素がほとんど含まれていない「ただの水」を飲んでしまっているかもしれません。

 

ここでは、水の温度と水素濃度の関係を解説しています。

 

水温が温かいと水に溶存できる水素は少なくなる

 

水素は水温によって水に溶存できる量(飽和水素濃度)が大きく変わります。水温が低ければ低くなるほど水素濃度は高くなる傾向があります。

 

例えば、水温が5℃だと1.85ppm。80℃では、0.8ppmまで低下します。飽和水素濃度の違いは2倍以上にもなってしまうのです。

 

水素水でコーヒーやお茶を作るのは意味がない

 

80℃だと水素が水に溶存できる限界は、0.8ppm。高濃度水素水の基準を満たしてないことになります。臨床試験で得られている水素の効果を得るためには、水素濃度は1.0ppm以上あることが理想です。

 

つまり、コーヒーやお茶などを飲む際に水素水を使ったとしてもあまり意味がないと言えるでしょう。

 

健康のためなら常温で飲むのが一番

 

そもそも、水素水を飲む理由が健康のためなら、常温で飲むのが一番です。常温の水を毎日飲むと食欲が抑えられるとも言われ、ダイエットのサポートになるかもしれません。

 

冷たい水は、胃腸の負担ににもなりますからね。

 

常温の水素水を飲むなら卓上型水素水サーバー

 

常温の水素水を飲むなら、ウォーターサーバーみたいな据置型の水素水サーバーよりも、ダイニングテーブルやキッチンにも置くことのできる卓上型の水素水生成器がオススメです。

 

卓上型の水素水生成器なら、常温の水素水を手軽に飲むことができます。また、水道水が使えるので、ランニングコストがかかりませんよ。

関連ページ

水道水を使用しても高濃度水素水を作ることはできるのか?
水道水を使用した水素水サーバーが増えています。ここでは、水道水から高濃度水素水を作ることができるのかについて紹介しています。
水素水サーバーで作った水素水を赤ちゃんや子どもに飲ませても大丈夫?
水素水を赤ちゃんに飲ませても大丈夫なのか?という疑問について解説しています。
アルカリイオン水と水素水の違いってなに?
ここでは、アルカリイオン水と水素水の違いについて、分かりやすく紹介しています。