水道水を使用しても高濃度水素水を作ることはできるのか?

水道水から高濃度水素水を作ることはできるのか?

水道水を利用した水素水生成器が販売されているが、本当に高濃度水素水を作ることができるのでしょうか?

 

結論から言うと水道水からでも、高濃度水素水を作ることができます。

 

ちまたでは、水道水には余分な成分が含まれているため、水素水を作るには適してないと言っているサイトもありますが、そんなことはありませんよ。

 

高濃度水素水の基準は1.0ppm

 

そもそも、高濃度水素水といえる基準って何ppmだか知っていますか?じつは、一口に高濃度水素水と言っても明確な基準はどこにもないのです。

 

例え、溶存水素濃度が低くても、販売しているメーカーが「わが社の商品は高濃度水素水です!!」と言ってしまえば、それはもう、高濃度水素水なのです。

 

高濃度水素水には基準がない、「じゃあ、どのくらい溶存水素量が入っていればいいの?」と思うでしょう。ここでは、高濃度水素水の基準は1.0ppm以上あれば合格とします。

 

なぜ1.0ppmなのか?

 

現在、臨床試験で得られている水素水の効果は水素濃度が1.0ppm以上の水素水を使って得られたものです。水素研究の第一人者である日本医学大学の太田教授によると、「水素濃度は1.0ppm以上あれば、1.2ppmも1.6ppmも効果に変わりない」と言っています。

 

 

つまり、水素の効果を実感するためには1.0ppmあれば十分だということです。

 

 

水道水からでも高濃度水素水は作れる

 

水道水には、カルキや雑菌などが含まれているから高濃度水素水は作れないと思っているかもしれません。しかし、水道水からでも1.0ppm以上の高濃度水素水を作ることができます。

 

水道水を使う水素水生成器には、水道水を浄水に変える活性炭フィルターが付いていますので、水道水に含まれる不純物を取り除いてくれます。

 

フィルターを通した水は赤ちゃんのミルクにも使用できるくらいなので、性能が高いフィルターなのです。

 

 

水道水を利用できるオススメの水素水生成器はガウラミニ

 

水道水を利用できる水素水生成器は、携帯用やスティック式を候補にいれるとたくさん種類があります。そこで、1つおすすめを紹介するならば、フィットネスクラブでも使用実績のある「ガウラミニ」です。

 

ガウラミニなら、溶存水素濃度1.0ppmだけでなく、水素を気体で注入することでさらに水素濃度を増しています。その水素濃度は外部機関でも調査されているほどの徹底ぶり。

 

 

また、レンタルすることも可能です。「初期費用が高くてとても購入できなかった!」という方はこれを期に購入することを考えてみてはいかがでしょうか。

関連ページ

水の温度と水素濃度の関係を解説
お茶やコーヒーに水素水を使いたい方もいると思います。そこで、水の温度の違いによる水素濃度はどのように変わるのかについて解説していきます。
水素水サーバーで作った水素水を赤ちゃんや子どもに飲ませても大丈夫?
水素水を赤ちゃんに飲ませても大丈夫なのか?という疑問について解説しています。
アルカリイオン水と水素水の違いってなに?
ここでは、アルカリイオン水と水素水の違いについて、分かりやすく紹介しています。